事業内容

PRODUCT

Qlabo / QQインフォーマル・ネットワークラーニング

ネットワークを経由した組織内のアナウンス・啓蒙・教育・ノウハウ共有システムです。

- 回答後の集計とコメント表示 - 機能紹介

回答参加メンバーからノウハウを拾い上げて蓄積

アナウンス、教育、共有したいテーマのクイズやアンケートを参加者に提示し、その回答とコメントを集めます。参加メンバーからのフィードバックとして経験者、識者の見解を蓄積していくことで、かならずしも正解が1つでないテーマに対して多面的な捉え方ができ、説得力のある組織のコンセンサスとしてその後の教材や資産にすることができます。スマートフォンにも対応していますので、移動時間などの合間を活用できます。

メンバーからのフィードバックを共有・相互に学ぶ

回答に参加すると、正解や解説に加えて、組織の参加者から蓄積されたリアルタイムでの回答集計と寄せられたコメントを表示します。設問や解説で基本を伝えるだけなく、メンバーからのフィードバックを共有していくことで、伝わりにくい組織の価値観が実感として理解できます。

- 回答後の集計とコメント表示(2) - 機能紹介
- 複数設問のクロス集計 - 機能紹介

参加者自身が異なる意見の要因を深く分析

他の参加者と意見が異なる場合、参加者自身がその要因を深く分析することができます。複数の質問に対する回答を掛け合わせることで、たとえば回答者の属性(経験年数や主担当業務など)別に業務上のテーマに関する回答を分類する「クロス集計」により、今後取り組むべき課題や方策がわかりやすくなります。

多様な出題スケジュールに対応

出題は1問単位にスケジュールできます。意識の浸透・啓蒙のために、特定のテーマに沿って毎日一問を出題し続けるなど、「意識する」ことを継続することができます。
未回答の設問に回答していくだけでなく、過去に回答した設問への集計やコメントを参照してもらう「ふり返り」を設定し、誘導することもできます。

- 出題管理メニューより - 機能紹介
機能紹介

問いたいことをストレートに

組織オリジナルの内容で正解がある出題を作成する場合、前提条件の説明や選択肢の文章など、肝心の内容以外の労力で断念してしまうことも。アンケート形式の出題を活用することで、正解を一つに定義できないテーマでも、組織の有識者の回答から学ぶことができます。業務上問いたいことをストレートに設問として作成できます。

(※招待コード: QLABO-1WEEK-GUEST-0000

REMOTE-WORK Supportリモートワーク(テレワーク)支援事業

安全なリモートワーク推進を支援します。

機能紹介

必要な時、必要な間だけ作業環境に参加

リモートワークは単に社員が自宅でPCを使った仕事ができるようになるだけではありません。必要な時、必要な間だけ作業環境に参加してもらうことができますので、専門分野のプロフェッショナルと効率的なコワークがお互いにできるようになります。

セキュリティの確保

そのためには、リモートワーク作業環境のセキュリティが確保され、かつ管理者が利用状況や業務の進捗を把握できることが必要です。情報セキュリティの専門会社にてファイアーウォール機能を構築、管理提供していた経験を活かし、クラウド環境を用いたこれらの環境作りや運営をご支援いたします。

パートナー企業と連携

パートナー企業と連携し、リモートワークに関連するサービスを幅広くご提供いたします。画期的な業務効率化策としてIT機器の操作を分析することで熟練ユーザのノウハウを可視化・共有できるMeeCapの販売パートナーに選ばれております。

戻る